グレインフリー(穀類不使用)の子猫対応ドライフードについて

栗蒸しに穀類が合わなそうとわかってから、オンラインショップとかペットショップに出回っている穀類不使用フードを探しまくった。

とりあえずその中から、ドライフード・子猫もしくは全年齢用フードをまとめたので、同じ条件で探してる人の参考になれば
(アダルト・成猫用っていうのも入れたらもうちょっと選択肢あります)

あと、「1gあたりの金額(だいたい)」って行は、そのときたまたま見ていた通販サイトをベースに出している(平均とかじゃない)ので、あしからず。

オリジン

  キャット&
キトン
6FISH
蛋白質 42.00% 42.00%
粗脂肪 20.00% 20.00%
粗繊維 3.00% 3.00%
粗灰分 8.00% 8.00%
水分 10.00% 10.00%
カルシウム 1.40% 1.40%
リン 1.10% 1.10%
マグネシウム 0.09% 0.09%
カロリー(100g中) 406 406
1gあたりの金額(だいたい) ¥2.5 ¥2.6

肉ベースの「キャット&キトン」、魚(ヘリング=ニシンらしい)ベースの「6FISH」の2種類展開。

栄養価が高いので、急に移行したり食べ過ぎたりすると、お腹を壊しちゃう子もいるらしい。
値段が高い。
2.27kg袋で5~6千円するので、人気だけど予算的にNGって人もいるかも。

タンパク質含有が42%程度と高く、↓のアカナと同じところで作っているのだけど、アカナより肉・魚含有率が高いらしい(オリジン80%アカナ45〜65%

アカナ

  グラスランド パシフィカ ワイルド
プレイリー
蛋白質 35.00% 35.00% 35.00%
粗脂肪 20.00% 20.00% 20.00%
粗繊維 3.00% 3.00% 3.00%
粗灰分 8.00% 7.00% 7.00%
水分 10.00% 10.00% 10.00%
カルシウム 1.80% 1.60% 1.20%
リン 1.50% 1.30% 1.00%
マグネシウム 0.10% 0.10% 0.10%
カロリー(100g中) 406 406 406
1gあたりの金額(だいたい) ¥2.2 ¥2.2 ¥2.2

ラムベースの「グラスランド」、ニシンベースの「パシフィカ」、チキンベースの「ワイルドプレイリー」の3種類展開。

ってか公式には肉含有45~60%って書いてあるのに、上のサイトだと70%ってなっている……私はそこまでは気にしないんだけど(・з・)

オリジンとの違いは、オリジンより肉含有・タンパク質が少ない(35%程度)、あとオリジンと比べるとちょっと安い。

タンパク質が腎不全に影響するという説を気にするけど、まだ健康だしそこそこのタンパク質は与えたいって場合に良いかも。

アーテミス

  アダルトキャット
蛋白質 30.00%
粗脂肪 20.00%
粗繊維 3.00%
粗灰分 6.10%
水分 8.50%
カルシウム 1.00%
リン 0.90%
マグネシウム 0.09%
カロリー(100g中) 392
1gあたりの金額(だいたい) ¥1.6

「アダルトキャット」「1歳~」という表記ながら、0歳にも対応しているらしい。
まだ試してないけど、↑の表の中では1gあたりの値段が一番安い(1.58円)のでちょっと気になっている。

タンパク質と水分が30%程度・8.5%程度と、他のフードに比べるとちょっと低め。

また、メーカーが自由給餌を推奨しているらしい。必要なときに必要量食べるという猫の習性にまかせることで、結果的に消化吸収が良くなるという考えのよう。

ソリッドゴールド

  インディゴムーン
蛋白質 42.00%
粗脂肪 20.00%
粗繊維 3.00%
粗灰分 ?
水分 10.00%
カルシウム 2.50%
リン 2.00%
マグネシウム 0.14%
カロリー(100g中) 386
1gあたりの金額(だいたい) ¥1.9

このギラギラした名前でちょっと敬遠していたけど、グレインフリーのラインがあるということでちょっと好感度が上がった。値段もオリジンとかと比べるとお手頃っぽい。

オリジンと同じく、タンパク質が42%程度。

ナウフレッシュ

  キトン
蛋白質 33.00%
粗脂肪 20.00%
粗繊維 2.50%
粗灰分 6.00%
水分 10.00%
カルシウム ?
リン ?
マグネシウム 9.00%
カロリー(100g中) 395
1gあたりの金額(だいたい) ¥2.6

案外高い。
他にもアダルト・シニアがあるけど、すべて穀類不使用らしい。
味はターキーベース。
買ってないけど、粒がかなり小さいもよう。

ネイチャーズバラエティ

www.tamaone.jp

  インスティンクト
チキン
インスティンクト
ラビット
蛋白質 45.00% 40.00%
粗脂肪 19.00% 20.00%
粗繊維 3.00% 5.00%
粗灰分 14.00% 15.00%
水分 10.00% 10.00%
カルシウム 2.99% 1.08%
リン 1.65% 0.63%
マグネシウム 0.12% 0.21%
カロリー(100g中) 381 373
1gあたりの金額(だいたい) ¥2.5 ¥2.5

チキンとラビットの2種類。
ラビットって珍しい気がする。
2016/02/21 追記:ネイチャーズバラエティは2016年、輸入元が変わる関係で、ラインナップや値段も変わってしまうそうです。
[【重要】ネイチャーズバラエティ製品についてのお知らせ | スタッフブログ|プレミアムキャットフード専門店「tama」](http://blog.tamaone.jp/201602031087.html?_ga=1.41302114.1178329804.1447119098)

ナチュラルバランス

  グリンピース&
ダック
蛋白質 30.00%
粗脂肪 12.00%
粗繊維 4.00%
粗灰分 6.50%
水分 10.00%
カルシウム 1.00%
リン 0.90%
マグネシウム 0.10%
カロリー(100g中) 357
1gあたりの金額(だいたい) ¥1.9

タンパク質は鴨肉のみ、炭水化物はグリンピースのみで、牛・鶏・ラムや白米などにアレルギーがある子にオススメ。

このシリーズ、ドライはこれだけだけど、グレインフリー缶がいっぱいあるので、ウェット使い始めたらお世話になる可能性が高い。

ホリスティックケイナインキャビア

  ニュージーランド
ベニソンインドア
ワイルド
オーシャン
チキン&
サーモン
蛋白質 28.00% 32.00% 32.00%
粗脂肪 20.00% 20.00% 20.00%
粗繊維 4.00% 4.00% 3.30%
粗灰分 4.90% 4.10% 6.18%
水分 8.00% 8.00% 8.00%
カルシウム 1.00% 3.14% 1.45%
リン 0.80% 2.10% 1.30%
マグネシウム 0.08% 0.13% 0.08%
カロリー(100g中) 483 444 483
1gあたりの金額(だいたい) ¥1.7 ¥1.7 ¥1.7

結石予防に、フードそのものをPH6.1~PH6.4に調整している。
カロリーが高い。タンパク質含有量はそこまで高くない。

ここのごはんも自由給餌を勧めているようす。

エボキャット ※販売終了

タンパク質含有量が50%とめっちゃ高い!
けど少食で、少量でたくさんのタンパク質を採らせたいってときに良いのかな?

K9ナチュラル

  チキン&
ベニソン
チキン&
ラム
蛋白質 55.00% 49.70%
粗脂肪 20.00% 26.90%
粗繊維 2.00% 1.30%
粗灰分 9.00% 6.00%
水分 10.00% 21.10%
カルシウム ? ?
リン 1.90% 1.90%
マグネシウム 0.11% 0.10%
カロリー(100g中) 403 452

※スタイル的にウェットのほうに近いんだけど、ドライかと思って調べちゃったのでいっそ載せてしまう

フリーズドライで、栄養や素材感を新鮮なまま長期保存できるらしい。
通常の製法で、加熱したときに壊れちゃう成分を残しやすい。
与えるときは水・ぬるま湯などで戻す。

1パッケージも最大で350gという少なさ。100gを水で戻すと400gの生食と同じくらいになるらしいので、350gだと全部で1.4kgくらいにはなるのか。それでもちょっと高いな……


大変だったけど、いろいろ調べて勉強になったし、おもしろかった!

栗蒸しの今後の方針としては以下。

  • しばらくは穀物不使用のドライフードのみで様子見
  • タンパク質は33~36%程度を目安に
  • 1g 2~2.5円程度の価格帯
  • お腹に合う・合わない条件や、好みをもっと詳しく知りたいので、いろんなフードを試してみる

って条件で気になってるのが、アカナ、アーテミス、ソリッドゴールド、ケイナインキャビアあたり。

あまりコロコロ変えても、猫のお腹も大変な気がするので、今あげてるオリジンをベースに、オリジン→Aフード→オリジン→Bフード→オリジン→…って感じでインターバル的に試していこうかな。
これだと少量パッケージないフードは困りそうだけど……