結膜炎の経過と鼻炎

結膜炎の経過と、血便について調べてもらうため、新年早々UNK持参で動物病院へ。

結膜炎の方は、先生からもだいぶ赤みがとれたね~と言ってもらえるまでに。

目はいいんだけど、鼻が気になるんですよ~と相談してみたところ、鼻に関しては飲み薬が圧倒的に効くので、目薬やめて錠剤にしてみましょう、ということに。

錠剤は栗蒸しの場合、口を開けて喉の奥にポイっと投げ込むようにするとうまくいくと思うよ、とアドバイスをもらいました。

確かに、ちょっと触っただけですぐ噛もうと口開けるからな~うまくいく気がする。

検便は、UNKに砂がついたままでも大丈夫ですよ~と心よく引き受けてもらえました。

検便の理由は、元旦ごろに一度UNKに血がついてたのが気になったのと、毎回軟便がちなのが気になるため。

結果は、変な菌とか未消化物はなくって、桿菌が多いせいで諸症状が出ているのでは?ということに。

ただ、UNKもタイミングによって含まれる菌が変わってくるから、続くようならまた来てねって言われました。そういうもんか。

で、抗生剤と、お腹の調子を整えるお薬を処方されて帰りました。

帰る頃には待合室に5匹くらいワンコが溜まっていた(小型犬ばっかり)

それにしても栗蒸し、最初の頃は外に出るとニャーニャーめっちゃ鳴いてたんだけど、前回くらいから超静か。

慣れたのか諦めたのか……